2017/10/25

内視鏡

術後2年経過したので、やれと言われてたのをイヤでイヤで先延ばししていた下部内視鏡検査をやってきた。22日の日曜は1日検査食、23日の朝から病院。結果、やっぱりポリープあって切除したのでいつも通りに病院に一泊。ホントにもう勘弁してほしい…。

すっかり入院にも慣れてしまった病院にもちょっと変化があって、ベッド脇に置いてあるサイドテーブルに小さい冷蔵庫が付いてた。

hospital171025-1.jpg

あと電灯もLEDになってたりして。
暗かったのでボケボケになっちゃったその日の夕食↓

hospital171025-2.jpg

で、本日の朝食↓ どっちも五分粥。

hospital171025-3.jpg

2週間ほど酒飲むなとか熱い風呂に入るなとか刺激物食べるなとか激しい運動するなとか、あーそう言えばそんなだったっけ…ってすっかり忘れてた。今週金曜の飲み会はおとなしくしてるしかないな。

そのうち検査結果を聞きに行くけど、これで悪性だったとか言われたらどうなるんだろ。もう腹切るのイヤなんだけど。

Posted at 02:19:45 | 病院ネタ | コメント:0 | トラックバック:0

2016/07/05

検査を受けてまいりました。都合4回目になります。

1回目 -> すごく昔に受けてポリープ見つかって切除したので病院に一泊。
2回目 -> ポリープが悪性なのが判明した昨年のやつ。これも病院に一泊。
3回目 -> 入院中、マーキングするためにやったやつ。薬で眠らされてた。
4回目 -> 今回。

なんか前日の検査食と本日の検査でものすごーく体力削られた感じがします。調子悪い。

今回ですが、初めて病院に一泊せずに帰宅できました。とは言っても 「ポリープの芽みたいやつが結構ある。」 ということで生検用に2箇所ほど組織取られました。きっと年に1回は内視鏡やれとか言われるんだろーなー。憂鬱です。来週月曜に結果を聞きに行ってきます。

Posted at 02:31:03 | 病院ネタ | コメント:7 | トラックバック:0

2015/10/07

3クール目

昨日月曜日、1ヶ月ぶりの通院で血液検査やら超音波診断装置による検査やらを受けた結果、特に問題ないということで予定通り抗がん剤治療の3クール目に突入しました。

最近 『癌』 が流行っているようで、こんな記事もありました。

■ 川島なお美と北斗晶、こんなに違った医師の説明

ここも 『闘病ブログ』 にジャンル分けされるんすかね。

Posted at 03:39:30 | 病院ネタ | コメント:0 | トラックバック:0

2015/08/20

方針変更

投薬開始後、初の外来診察に行ってきました。血液検査の結果は 「投薬を中止しなければならないような数値はない。」 そうです。カリウムがちょっとだけ規定数値に足りてなかったので、1日1本バナナ食べろって言われました。

副作用のことも聞かれましたので、「気持ち悪かったりお腹を壊したりしたけど、生活に支障が出るほどのことはない。思ったより副作用はないっぽい。」 と答えたんですが、「予防のための投薬で仕事に影響があるようなら本末転倒なので本日夜に薬を飲んだら次回の外来診察までしばらく休薬。」 ということになりました。なんかよくわからん…。

で、4週投薬→2週休薬の予定が、2週投薬→2週休薬で1クールになりました。まぁカラダにも財布にも優しい方向の方針変更なので文句はないです。飲まなくなってしばらくしてから副作用が出てくることもあるので要注意とのこと。

次回は9月7日に予約入れたので、8日からまた薬飲み始めると思います。

Posted at 02:19:33 | 病院ネタ | コメント:2 | トラックバック:0

2015/08/08

来た?

直射日光があまりよくないということだったので、薄手の長袖上着&よくチャリに乗ってるオバちゃんが使ってるような顔全体を覆うサンバイザーを調達して、完全防備状態でチャリ通勤しております。炎天下に長袖はクソ暑いっす。

薬を飲み始めて1週間。今まで何ともなかったのに今日は突然来た感じです。一日中気持ち悪かったです。悪心ってやつ? 喉元まで酸っぱいモノが詰まってる、みたいな。

口の中も変な味がしてて具合はあんまりよろしくないんですが、食事は出来ているのでまだ大丈夫でしょうか。

Posted at 02:25:59 | 病院ネタ | コメント:3 | トラックバック:0

2015/08/04

退院

入院中は面白いことも全くなく、淡々と退院してきました。土・日・月と朝晩2回、トータル6回ほど薬を飲んでますが、やっぱり何も変わったことがありません。

ドクターからは 「副作用がキツかったら無理して飲むことないからね~。」 って、結構ユルめの指示が出てます。次回の訪院は19日(水)になりました。さすがにそこまで飲み続けてると何らかの影響が出るんじゃないかと思います。逆に何もないと 「ホントに効いてるんかいな…。」 って不安になりますね。

Posted at 04:06:46 | 病院ネタ | コメント:0 | トラックバック:0

2015/08/01

飲んだ

そんなわけで昨日お昼過ぎから病院にいます。今日は朝ご飯を食べ終わってしばらく経った先ほど、薬剤師の方がクスリ持ってやって来ました。

ts150801.jpg

1回 2錠だそうです。早速飲みましたが今のところ特に変化なし。そんなにすぐ変化が現れても困っちゃいますけどね。

ドクターによれば予定通り月曜日の朝退院、その際に次回の外来診察 (2週間後) を予約、とのことです。

Posted at 09:17:08 | 病院ネタ | コメント:0 | トラックバック:0

2015/07/23

やります

退院後2回目の外来診察に行ってきました。抗がん剤治療をやるかやらないかの決断を迫られる診察でもあったわけですが。

気になっていたことを何点か、ドクターに質問してみました。

1) 前回、抗がん剤の投与期間は6ヶ月~1年と言われたが、終了の判断基準は?
→副作用等つらい場合には6ヶ月で切り上げることもあり得る。問題がなければ1年間継続することを推奨。

2) 治療を望んだとして、いつから始められるのか?
→いつからでも。あなたの望むタイミングで。

最終的には 「取りあえず始めてみて、ダメならそこでやめるっていう選択肢も全然アリ」 とのコメントがあったので始めてみることにしました。幸いなことに?もしくは不幸なことに、うちの会社は来週から夏休みに入るので、投与開始の4日間の入院は夏休みの後半の7/31~8/3に決めました。

治療を始めると自分がどの程度つらい状態になるのか全く予想が出来ません。飲み会とか行けるのかどうかもよく分かりません。すみません。

Posted at 03:34:55 | 病院ネタ | コメント:7 | トラックバック:0

2015/07/15

セカンドオピニオン外来

そんなわけで本日は産業医の先生 (女性) と30分ほど話してきました。

内容をめっちゃ意訳すると、「自分はその分野の専門医ではないので、セカンドオピニオンを聞きたいならちゃんとした専門医に聞くべき。」 とのことでした。

収穫として、最近大きめの病院では 『セカンドオピニオン外来』 なる専門の窓口が出来ているという情報を聞いたことでしょうか。

近場の有名処としては こちら 。完全予約制で大腸がんの場合は水曜午後のみ。

電車で行かなくてもいいくらいの近場には ここ もありましたが、予約が必要な上に 『費用は、30分2万円、1時間3万円 1回1時間までとなります。』 とのこと。行ったことないけど30分2万円ってキャバクラより高くないっすか…?

これならセカンドオピニオンなんか聞かないで、さっさと抗がん剤治療をしちまおうか、って気になります。

Posted at 02:23:33 | 病院ネタ | コメント:2 | トラックバック:0

2015/07/14

セカンド・オピニオン

闘病ブログがまだ続くんですけど、先週月曜に診察に行った際にお願いしておいた 『診断書』 ってやつができたとのことで、朝受け取りに行ってから出社しました。

入院中は 『傷病特別休暇』 なるものをいただいて仕事を休んでた関係で、人事と医務室から 「診断書を提出して。」 と言われてまして。

で、医務室に診断書を送ったら電話が掛かってきて詳細を聞かれました。正直に現状を報告しておきました。ついでに 「今後の身の振り方について産業医の先生のセカンド・オピニオンが聞きたい!」 とリクエスト、早速明日ご意見を伺いに行くことになりました。

なんだか面倒くさいことになっちゃったな~ってのが正直な感想です。

Posted at 02:09:27 | 病院ネタ | コメント:2 | トラックバック:0

2015/07/13

心の準備不足

また更新サボってました。出張行ったときとか入院したときだけ更新頻度が上がるのはいかがなものかと反省しております。

さてその後ですが、多分順調に快復してるんじゃないかと思います。ちょっと前はクシャミなんかしようものなら腹の傷が痛くてしばらくうずくまるレベルだったのが、今は 「あ?まだ腹痛いな…。」 程度で済むようになりました。でも相変わらず体力の低下ははっきりと体感できます。

入院中はスマホでいろいろ写真撮ってました。出て来た食事は全部撮ったはず。大して面白くもないので貼りませんけど。

記事中でも触れましたが、手術前に渡された資料の中で自分を恐怖のどん底に突き落としたページがこちら。

tubes150713.jpg

実際は 『傷に入ってくる管』 が×2でした。酸素マスクはしてなかったと思います。やっぱアレですよね、心の準備ってのがあるから入院後の手術直前に見せられるよりも入院前に教えておいて欲しかったです。

Posted at 02:40:09 | 病院ネタ | コメント:2 | トラックバック:0

2015/07/07

解禁&ステップアップ

本日は面白くない上に無駄に長いです。

退院後、初の外来診察の日でした。10時から採血、11時以降に診察という中途半端な時間帯の予約だったので午後1時にも出社できそうになくてお休みいただきました。午後は家から電話会議に出たりメールの処理したりのお仕事してましたけど。

いいニュースとしては晴れてお酒が解禁になったこと。1ヶ月ぶりくらいに飲みながら記事書いてます。相当お酒が弱くなったような気がします。

もうひとついいニュースは生検の結果リンパ等への転移はなかったこと。

そんないいニュース達を帳消しにしてしまうくらい悪いニュースは、意外に病巣が深かったらしく、これまで言われていた Stage I ではなくて Stage II にステップアップ認定されたことでしょうか。ly1, v1だそうです。なんのことやら分からなかったので家に戻って調べたところ、こちらのWeb に説明がありました。

a)リンパ管侵襲
大腸壁内リンパ管への癌の侵襲の有無および程度を次ぎのように分類する。
    ly0:侵襲の認められないもの。
    ly1:侵襲が軽度な場合。
    ly2:侵襲が中等度の場合。
    ly3:侵襲が高度の場合。

b)静脈侵襲
大腸壁内静脈への侵襲の有無および程度を次ぎのように分類する。
    v0:侵襲の認められないもの。
    v1:侵襲が軽度な場合。
    v2:侵襲が中等度の場合。
    v3:侵襲が高度の場合

で、今後ですが、ドクター曰く

Stage III の場合→術後、抗がん剤の投与が効果があることが実証されているので投与。
Stage I の場合→抗がん剤投与は全く不要。

その間にある Stage II は微妙で、抗がん剤の効果があるとされているグループと効果がないというグループがあって、自分の場合は効果があるんじゃないかと言われているほうに分類されるそうな。

抗がん剤 (内服薬 : TS-1) は4週間飲んで2週間休みというパターンで服用、当然副作用もある。また服用開始時には4日間入院してアレルギー反応等ないことを確認するとのこと。

まぁ簡単に言うと 「効くか効かないか、必要があるかないかも分からないのであとはあなたが決めてください。」 ということです。ドクターが 「個人的な見解なので聞き流して。」 という前置き付きで語ったアドバイスとしては、「自分が同じ立場になったとして、もし自分が90歳代なら絶対やらない。あなたと同じような年齢だったらやっておく。」 だそうです。

「大腸と一緒に胆嚢取れ」 とか 「抗がん剤治療しろ」 とか、やたらと重たい選択が多い今日この頃。なんか 『抗がん剤』 = 『毛が抜ける』、みたいなイメージがあって、TS-1にも症例は少ないながらも副作用に 『脱毛症』 ってのがあるのでビビってますけど…。どうしたらいいんすかね、これ。「やるんだったら術後2~3ヶ月以内に始めないと意味がない」 って言われてるので今月後半にある外来診察までに決めないといけないですね。あ~あ。

Posted at 01:50:24 | 病院ネタ | コメント:3 | トラックバック:0

2015/07/03

病室

明け方まで寝入ってしまいました。やっと金曜日。

さてタイミングを逸してしまってますが、入院してた時はこちらで過ごしました。

room150703-1.jpg

庶民らしく追加料金なしの4人部屋です。個室には1日当たり 16,200円払えば入れるようです。その中でも倍額の 32,400円/日の特別室ってのがあって、手術の前日お風呂の予約がいっぱいで入れないということで、たまたま空いていたそちらの部屋のシャワーを使わせてもらいました。

room150703-2.jpg

うん…まぁ広いし豪華なんだけど、これに 32,400円は払えないですね。温泉宿なら豪華な食事と部屋には専用の露天風呂が付いてるレベルの価格ですし。

自分が入院してた時には 「普通の個室が空くまで一時的にこちらに入る」 みたいに使われてたみたいですが、この部屋を長期入院で使うような方ってどんな方なのか興味があります。

Posted at 06:31:53 | 病院ネタ | コメント:4 | トラックバック:0

2015/06/24

振り返り

今回の入院で何が起きていたのか、自分でもいまいち整理できていなかったので忘れないうちに記録しておきます。

6月12日 (金) 8:45
自力で歩いて手術室入り。手術室内の看護師さん?が驚くほど若かった。東京女子医大の学生さん?って思ったほど。
全身麻酔ハンパない。自分が眠りに落ちた瞬間すら覚えていない。

6月13日 (土) 3:00
ナースステーション横の回復室に放置されていて、少しだけ意識がはっきりしてきたのでナースコール押して 「今は何曜日の何時ですか?」 って聞いたら、そんなクダラナイことで呼ぶなよ的に 「土曜日の3時。」 って簡単に答えられた記憶あり。

6月13日 (土) 多分朝
病室に移る。管がたくさん付いてた。腹の左右の穴から1本ずつ、鼻から1本、尿道1本、背中の硬膜外麻酔の管1本、点滴。
この日に鼻からの管は抜いてもらったと思う。

6月15日 (月)
左右の腹から出てた管、尿カテ抜く。硬膜外麻酔の管もこの日だったかな…?残るは点滴のみ。昼から流動食始まる。

6月16日 (火)
シャワーの許可出たので浴びる。以降ほぼ毎日シャワー。お昼から五分粥。

6月17日 (水)
点滴終了、針抜く。お昼から全粥、量は1/2 (退院まで) 。

6月18日 (木)
腹に貼ってあったテープ&絆創膏剥がす。退院目標日が月曜であることを告げられる。

6月21日 (月) 10:00
栄養士に退院後の食事についての説明をしてもらった後、退院。

Posted at 03:15:41 | 病院ネタ | コメント:3 | トラックバック:0

2015/06/22

退院

無事に退院してきました~。

コメ欄に書いた 「今後の仕事復帰時期、酒解禁時期等は退院後初回の外来受診時にドクターに確認」 の件ですが、外来の予約が最速でも7月6日とのことで、さすがにそれまで待てないとゴネたところドクターに確認いただいて 「自己判断でオッケー」 ということになりました。今週いっぱいは自宅療養ってとこでしょうかね…。お酒も少なくとも今週はやめておきます。

なにはともあれ、生きて帰れてよかったです。

Posted at 14:53:44 | 病院ネタ | コメント:3 | トラックバック:0

2015/06/20

今後のご指導

そんなわけで本日、看護師の方から退院後の生活に関しての注意点などの説明を受けたのですが、プリントアウトしてくれた資料は 「大腸切除術を受けられた患者様へ」 と 「胆嚢摘出術を受けられた患者様へ」 の豪華二本立てでした。当分不自由な生活が続きそうです。
明日は入院生活最終日!

Posted at 18:47:31 | 病院ネタ | コメント:0 | トラックバック:0

2015/06/19

退院の目標日

昨晩の回診にてアップデートがありました。X線一般撮影と血液検査の結果も問題なかったので、予定通り執刀から10日目の来週月曜日を退院の目標日にするとのこと。

主治医のスタンスとしては 「そこで退院しちゃってもいいし、もしまだ自信がなければもう少し延長してもいいよ。」 みたいな感じでした。退院後すぐに会社生活に復帰するかどうかはともかく、退院はサクっとしたいです。

Posted at 07:49:51 | 病院ネタ | コメント:4 | トラックバック:0

2015/06/18

前開きの寝巻

先ほどコメ欄にも書きましたが、腹に貼ってあったでっかいテープと絆創膏を罰ゲームのようにベリベリと剥がされました…。久しぶりに対面した自分のナマ腹はずいぶん痛々しい感じでした。徐々に傷も目立たなくなっていくんでしょう。

入院するに当たって 「前開きの寝巻×2着」 を準備しろということで、あまり前開きのパジャマを持っていない自分としてはこれからの季節にちょうどいいかな~と甚平を持ち込んで寝巻きとして使ってます。昨晩看護師さんから 「甚平さん着てるの1人だから目立ってますよ。遠くからでも××さんだ、ってすぐ分かりますし!」 と言われました。
着てる分には楽でいいんだけど、院内で出来るだけ目立たず平穏無事に過ごしたい方には不向きなようです。夏場の男性患者さんにはオススメなんだけどなぁ。

Posted at 09:42:24 | 病院ネタ | コメント:0 | トラックバック:0

2015/06/17

丸1週間

入院してから丸1週間になりました。普段より1日1日が長く感じられます。

今朝で点滴の針も抜きました。もう俺様を縛るものなんて何もないぜ!な気分。痛み止めとして内服薬のロキソニンもらいました。

お昼ご飯からは五分粥が全粥にまたステップアップするらしいです。ヒャッハー!
でもお粥のままだとせっかく準備したふりかけが活躍できないので、早く普通のご飯にしてもらうことが次の目標ね。

Posted at 11:45:07 | 病院ネタ | コメント:4 | トラックバック:0

2015/06/16

着実に前進中のつもり

昨日の昼からはお世辞にもウマいとは言えない流動食が始まりまして、夜には点滴も外れてしばらくは快適でしたが今はまた点滴付いてます。ある意味、引き連れて歩く点滴台があったほうが掴まって歩けるので楽だったり。
今朝の回診では、本日昼から食事がお粥にステップアップ、またシャワーも許可されましたので早速午後に予約、さっぱりして来ます。
ドクターによれば順調とのこと。
腸の癒着を防ぐために出来るだけ病棟内部を歩き回ることを推奨されているので、腹痛いんですけど頑張って歩いてます。ドクターに 「昨日も元気に歩いてたね!」 なんて言われましたが、「元気に」じゃなくて「必死に」の間違いです。

Posted at 11:01:50 | 病院ネタ | コメント:3 | トラックバック:0

プロフィール

  • Author:じぇふ

カレンダー(月別)

10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最近の記事+コメント

最近のトラックバック