2011/04/03

プーケット その1

親戚のご不幸があり実家に戻ってきました。葬儀が月曜なので、さんざん会社を休んでいるのに加えてさらに月曜もお休みいただきました。もうここまで休んでると1日追加してもあんまり変わらない感じ…か。

いきなり重めの話をサラっと書いて、国内旅行のネタもずいぶん残ってるけれどプーケットの話を少々。

到着した翌日はオプションの観光をお願いしてあった。まずは 『タイで最も夕日が美しいと言われるプーケット最南端のプロンテープ岬』 ってとこ。

phuket110403-1.jpg

天気、悪いです。夕方来ても夕日は見られそうもない。

そこにあった灯台+寝てた野良犬。

phuket110403-2.jpg

そこから 『プーケットの中で最も厚い信仰をあつめるワット・シャロン寺院』 に移動。ロウソクとか線香を買ってちゃんとお参りしました。お参りの仕方も習った。

で、中に鎮座しているお坊さん像に金箔を貼り付ける。自分の悪い場所に貼ると御利益があるそうな。頭に貼りたかったけれど届かなかったので、チキンなハート部分に貼って 『毛が生えた心臓』 になるようにお祈り。

phuket110403-3.jpg

なんでも女性は直接この像に触れてはいけないらしい。金箔貼る際にも紙一枚隔てた状態で貼るとのこと。お坊さんもいろいろ大変だ。

その後はメインイベント?な象乗り体験。なんか牛車がいた。

phuket110403-4.jpg

象。

phuket110403-5.jpg

これらの象は全てメスとのこと。オスは気性が荒いから向かないんだって。乗り心地は…お世辞にもいいとは言えない。歩を進めるたびにガックンガックン揺れて、背もたれがガンガン当たって痛いし。

ガイドさんによれば元々この島には象はいなかったそうです。タイ本土で材木運び等の仕事がなくなって、こちらに観光用として連れてきてるらしい。ま、仕事があるだけいいよね。

Posted at 03:08:18 | 海外ネタ | コメント:2 | トラックバック:0

コメント一覧

エキゾチック
ゾウにも試乗したのですね!
さすがタイ。

タイは一度行くと病みつきになる人もいるようですね。

南の島にはたいてい夕日のキレイな岬とか伝説の岬がありますよね。グアム行った時、バスツアーで恋人岬を訪れました。

東北大震災で始まり、御親戚の弔事で終わる休暇になってしまったんですね。

いろんな意味で、印象深いリフレッシュ・バケーションだったのかもですね。

2011/04/03 22:53:27 | URL | sakura [ 編集 ]

いろいろありました。
タイ。病みつきになる気持ちはよくわかりますねぇ。本当に面白い国だと思いました。ただ、ヨーロッパとか中南米とか中国・台湾と違って、文字が全く読めないのだけが難点。

確かに今回の休暇はいろんなことがあって思い出深いものになりました。わざわざ休暇を取らなくてもゴールデンウィークとか夏休み、年末年始で1週間程度のお休みはあるんだから、こんな感じで毎年1回は旅行できたらいいな~と思います。そういう時期の旅行代金は高くついちゃうんですけどね…。

2011/04/04 02:16:03 | URL | じぇふ [ 編集 ]

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

  • プーケット その1のトラックバックURLはこちら
  • http://jeff.blog16.fc2.com/tb.php/1715-edc803ce
プロフィール

  • Author:じぇふ

カレンダー(月別)

05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事+コメント

最近のトラックバック