2011/10/02

中国家庭料理

というわけで日本で働く中国人ご夫妻に招かれて、あちらのお宅で夕飯をご馳走になってきました。

先方、諸般の事情を全く知らないくせに

「 な ぜ こ の メ ン ツ を 呼 ん だ ん だ ? 」

と、思いっきりツッコミを入れたいメンバーになってて、理由を聞こうと思ってたんだけどすっかり忘れてた。まぁいいや。

料理は旦那さんが半分、奥さんが半分作るという分担。日本では手に入らないような食材も使われてましたが、基本的にはウマかった。家に戻ってからも腹が苦しかったし。

1羽丸ごとの骨付き鶏を茹でた?やつ↓

dinner111001-1.jpg

奥のニンニク醤油っぽいのに浸けて食べる。骨がウザいけどとっても中国っぽい。

これまた八角っぽい香辛料の香りが中国っぽさを醸し出していた豚の角煮+煮卵みたいなやつ↓

dinner111001-2.jpg

日本で言うところのアサリの酒蒸し?+何故か出てきたサンマの塩焼き↓

dinner111001-3.jpg

「え?中国でもサンマ食うの?」 って聞いたら、「いや、サンマはない。」 とのこと。その後もたくさん料理が出てきて大変満足させていただきました。

お宅は窓から新宿の高層ビル街が見える、八王子なんかよりは全然都心のほうにある新しいマンションの最上階で、相当デカい液晶テレビとかPlayStation3とかもあって自分なんかよりよっぽどいい暮らしをしてるっぽい。けど、やっぱり1時間以上掛けて電車通勤するよりはチャリで通勤できる八王子のほうが自分には合ってると思う。

その大画面テレビで結婚式の前に撮ったというふたりのグラビアみたいな写真集をスライドショーで見せてもらった。ん~、見せてもらったというか見せられた?というべきか。

あちらにはそういう写真屋さんがたくさんある、っていう話を聞いたことがある。なんでもこのご夫妻の場合は丸1日かけて5種類くらいの衣装を着て撮ったそうな。ポーズもマジでグラビアっぽい。

そんな画像は写真屋さんがPhotoshop、いわゆるフォトショ、あちらではPSと呼んでるらしいんですけど、それでバリバリに修正してくれるらしい。本人達もそれが当然みたいな雰囲気だったし、そういう文化なんでしょう。

一度挨拶したことがある程度だった旦那様もめちゃくちゃいい人っぽくて、なんかふたりでラブラブしてるし、末永くお幸せに~とか思いました。

Posted at 04:09:39 | Weblog | コメント:2 | トラックバック:0

コメント一覧

ごちそう
ビックリするくらい、たくさんのご馳走でしたねぇ~e-317
残すくらいタップリ作るのが、中国文化なんだろうな…と思っていました。
どれが一番お気に召しましたか?(笑)

2011/10/02 21:46:12 | URL | ゆき [ 編集 ]

お気に召したもの
何が一番お気に召したかと問われれば、『一緒に行ってくれた女性陣』 と答えますけどv-391←単数形じゃないところにちょっとだけ苦しい気遣いを感じてください。

豚肉のスープはウマかったですね。あんな骨付きの豚肉、どこで買うんだろうか。ご存じでしたら教えて。

2011/10/03 02:55:21 | URL | じぇふ [ 編集 ]

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

  • 中国家庭料理のトラックバックURLはこちら
  • http://jeff.blog16.fc2.com/tb.php/1791-9ed1f220
プロフィール

  • Author:じぇふ

カレンダー(月別)

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事+コメント

最近のトラックバック