2007/05/31

ドキドキのタクシー

 こちらは相変わらず光化学スモッグだか黄砂だかわからないけれど空は霞が掛かっていて、スッキリとお日様が出てるって感じではないものの何だかむし暑いです。夜半になってポツポツと雨も降ってきてた。でも、すぐに上がっちゃったみたい。

 中国に来ていいことと言ったら、何と言ってもブログのネタに全く困らないことです…。でも、それがいいことがどうかは微妙ですね。

 昨晩の記事では触れませんでしたが、北京空港からホテルに向かうタクシーでも、個人的には緊張感たっぷりな体験をしましたよ…。

 街中からちょっと離れたところにある空港からは、タクシーで結構な距離を高速道路を使って移動することになるんですが、たまたま乗ったタクシーの運ちゃんがですね、高速を走ってる最中に 突然路肩に寄って停車して、ボンネットを開けてエンジンルームを覗き込みやがった んですよ。何かいじったあと運転席に戻って何事もなかったかのようにまた走り始めたんですけどね…。

 な~んだ、大した話じゃないじゃん、って思われちゃうかもしれませんけど、中国でしばらく暮らしてた人から

「高速でタクシーが故障すると、その場で降ろされちゃうんだよね。あとは勝手に行け、って言われて…。」

って話を聞いてたんですね。異国の地の夜10時過ぎの高速道路の路肩に荷物とともに降ろされて、ポツンとひとり取り残されたらどうします?もちろんホテルまではとても歩ける距離じゃないです。多分、20kmとか平気である。

 一度ならまだしも、その 「路肩に停まってボンネット開ける」 って行為が2回行われたんですよ。いや~ホント、どうしようかと思いました。もちろんタクシーの運ちゃんは英語なんか通じませんが、降ろされそうになったら筆談でも何でもして、携帯で代わりのタクシーを呼んでもらうしかないな…。次のタクシーが来てくれるまで、この運ちゃんも一緒に待たせよう…。って覚悟しました。

 結果的には無事ホテルに着いたんですけど、神経すり減りました…。あ、タクシーの運ちゃんですけど、ボッタくるわけでもなく、降りた後はにこやかに手を振ってくれたりしてなかなかいい人でした。でもクルマの整備はしっかりやろうね。マジで。

Posted at 00:24:56 | 海外ネタ | コメント:2 | トラックバック:0

コメント一覧

どきどき
それは大変どきどきっでしたね。時々見ますよね、ビジネスバックを持って、高速道路を歩いてる人。v-107 とりあえず良かったですね。 お食事ネタも楽しみにしてますe-146

2007/05/31 23:40:48 | URL | あぽ [ 編集 ]

さすが
チャイナ・マスターと呼ばれるだけのことはありますな>あぽさん
あんまり高速道路を歩いてる人は見ないと思うんですが… (時々、なぜかクルマが来るのを待ってるっぽい人が 「どうしてこんなところで…。」 って場所で佇んでるのは見かけますね。)
本日は食事ネタをアップしてみました。だんだんディープなネタになっていくかも。

2007/06/01 00:49:37 | URL | じぇふ [ 編集 ]

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

  • ドキドキのタクシーのトラックバックURLはこちら
  • http://jeff.blog16.fc2.com/tb.php/715-fa7c59ff
プロフィール

  • Author:じぇふ

カレンダー(月別)

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事+コメント

最近のトラックバック