2007/08/03

比熱の話 (理科)

 今いる実家は、海からそれほど離れていないところにあるんですが、玄関側 (表側) が海の方向、反対側 (裏側) が山の方向を向いてまして、昔ながらの家なので窓やら襖やらを全開にすると表から裏まで風が通るような構造になってます。

 さて、中学あたりの理科の時間に習った記憶がある話。

地面は比熱が小さいから、温まりやすくて冷めやすい。
海は逆に比熱が大きく、温まりにくくて冷めにくい。
太陽が出ている昼間は地面の温度が早めに上がって、温められた空気が上昇していくから海側から空気が流れ込んでくる。従って、海側から陸側へ風が吹く。
太陽が沈んだ夜間は、冷めにくい海の温度のほうが陸より高くなるので上と同様の理由で、陸側から海側へ風が吹く。

 実家に帰るとまさにこの現象が体験できる。ホントに昼間は海側から山側へ風が抜けていくし、夜になると風向きが反対になる。

 あ…。ネットで調べたら Wikipedia に 『海陸風』 って項目でもっとちゃんとした説明があった…。悔しいからせっかく書いた文章をそのままアップしますけど。

 今日は台風5号の影響からか、この時間になっても海側から潮の香りがする風がビュンビュン入ってきてる。ホント珍しい。それ以上に珍しいのは、普段は聞こえないのに今晩は海の方向からザッパーンって波の音が聞こえる。相当海がシケてるようです。

 昔は海岸だった海も、今は埋め立てられて国道一号線のバイパスが通ってます。だから海岸に打ち寄せる波の音、ではなくてテトラポットに打ち付ける波の音、っていうのが風情がないですね…。

Posted at 02:41:29 | Weblog | コメント:4 | トラックバック:0

コメント一覧

やったやった
そう説明されると、確かに習った…って思いました。でも、昼はどっち向きの風か?と聞かれたら、答えるのにかな~り時間がかかってしまうかもしれません…。おまけに逆だったりしてi-237

でも、よくよく考えてみたら、ちょっと人生の選択を変えるだけで、私はこんな話を毎年子供たちに話す職業についていたのかもしれなかったのだわ…。人生分からないものですねv-392

2007/08/03 22:30:45 | URL | ゆき [ 編集 ]

うちの場合は
ど~も>ゆきさん
自分の場合は理論はわからなくても 「昼はどっちからどっちに風が吹く?夜がどっちからどっち?」 って聞かれたら、実体験からちゃんと答えられると思います。どちらかと言うと理論があとからついてくる感じv-388

ゆきさんが中学校の先生になったら、自分が中学時代にも居たような、生徒が本気で恋してしまう初恋対象の先生になったんでしょうねぇ… (遠い目v-416v-401)
小学校の先生だったら、授業参観になぜか父親がたくさん来る先生、かな?v-415

2007/08/04 02:35:30 | URL | じぇふ [ 編集 ]

小学校か中学か
息子に確認したところ、”この話は習った、でも塾で習っただけなので、小学校では習っていない”とのことでした…。やっぱり、武蔵野台地上では体験することはできないですから、理論が先だったようで…v-392

そうそう私は、中学理科か高校物理の免許なので、小学生はムリなんですけど(笑)、でも今つくづくと、”小学校の先生にならなくて良かった”と実感してます…ホントですv-390。(会社員の方が精神的にラク(^^;)

2007/08/04 23:45:21 | URL | ゆき [ 編集 ]

そうだっけ…?
あれ~?小学校で習った話でしたっけ…?あんまり昔のことで覚えてないやv-8

いや~、マジでゆきさん小学校の先生じゃなくて高校の先生になってたらもっと大変なことになってたんじゃないかと。そんな物理の先生がいたら、男子高校生にとっては事件ですよ、事件。

2007/08/05 04:32:47 | URL | じぇふ [ 編集 ]

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

  • 比熱の話 (理科)のトラックバックURLはこちら
  • http://jeff.blog16.fc2.com/tb.php/779-2f0d3c56
プロフィール

  • Author:じぇふ

カレンダー(月別)

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事+コメント

最近のトラックバック