2006/11/06

この週末の訃報

 書こうと思ってたラーメン記事を明日に回して、今日はちょっとだけ音楽に関係した話を。

 週末に訃報が 2つほど。

■ ポール・モーリア

■ 内山田 洋

 どちらの方も、それほどのファンというわけではないのですが、一時代を築いた方々の訃報を聞くのは淋しいものです。

 若い人 (?) にしてみれば、「ポール・モーリア?誰それ?」 かな。でも、曲を聴けば絶対知ってるはず。日本人なら 『オリーブの首飾り』 のBGMなしでマジックショーは成り立たないと言っても過言ではない。ってホントか? こちら で試聴できます。今、聞いてみたらやっぱり 『恋はみずいろ』 って名曲ですよ…。

cool5-061106.jpg 内山田洋とクールファイブ。ドリフのコントに出てませんでしたっけ…? ○ゲ (一部伏せ字) をネタにされていた宮本さん?と、結構甲高い声で南州太郎?の 「おじゃまします」 って物まねしてた小林さん?だったっけ?ここら辺はやたらと "?" マークが多くなってしまうんですが、右の写真とか見ると 「あ~、そうそう、この人だよ。懐かしいなぁ」 と思った。内山田洋さんは最前列にいる人ですね。

 ポール・モーリアが 81歳、内山田洋さんが 70歳…。もうそんなお歳だったんですか。自分も歳を取ったわけだ…。ご冥福をお祈りします。

Posted at 01:01:25 | 音楽ネタ | コメント:0 | トラックバック:0

2006/10/05

キング・クリムゾン

 これまた久しぶりに、誰もついてこられないような音楽ネタ。

■ キング・クリムゾンのベスト・アルバムが発売に

日本盤は来月発売かぁ。う~ん。

crimson061005.jpg キング・クリムゾンと言えば、やはり右の画像のジャケットの 『クリムゾン・キングの宮殿』 が有名ですね。特に最近もCMに使われてた一曲目の "21st Century Schizoid Man" 。やっぱりいいっすね~。1969年のアルバムだそうですが、今聞いてもインパクトは充分。

 てか、昔は邦題が 『21世紀の精神異常者』 だったのに、今は 『21世紀のスキッツォイド・マン』 になってたことをこの記事で知った。さすがに今の時代、『精神異常者』 っていうタイトルはマズいんでしょうかねぇ。『スキッツォイド・マン』 とか言われても何のことやらわかんないと思うんですけど。

Posted at 03:43:02 | 音楽ネタ | コメント:0 | トラックバック:0

2006/02/08

スージー・クアトロ

 完全な自己満足記事ですいません。昔の話が続きます。

先日のニュース。

■ 元祖女性ロッカー、スージー・クアトロ新作発表

 懐かしいですね…。というかちょっと前にワゴンセールで売ってる怪しいCDの中に、クアトロのベストを見つけて思わず買ってしまった。今日見てみたら、Amazonでも グレイテスト・ヒッツ というCDが安く買えるんですね。こっちのほうが曲が多く入っていてちょっとショック…。

 で 公式HP のトップ画像を見てビックリ!昔と全然変わってない!すげー可愛い!
quatro.jpg…と思ったら、これやっぱり昔の写真だったんですね。そりゃそうか。

 右上の "Images" というリンクに多分最近のものと思われる写真がありますが、今やちょっと太めで二重あごのオバちゃんだ。でももう 50歳を過ぎてるオバちゃんにしてはカッコいいや。自分もこういうオヤジになりたいかも。

Posted at 02:38:57 | 音楽ネタ | コメント:2 | トラックバック:0

2005/11/07

ACTION

 この週末はもう一件ラーメンネタがあるんだけど明日にまわして、週末に見た記事を鮮度がいいうちに紹介。
■ 元気ですっ!高橋ヨシロウ
なぜこの時期に高橋ヨシロウが突然記事になったんでしょ?とっても懐かしいですね~。 action.jpg

 高橋ヨシロウと言えば、80年代に活躍した日本のロックバンド、「ACTION」 ですね。Amazonを探してみたけれど、昔のアルバムはもう売ってないようで、「ACTION HYPER BEST ~20th Anniversary~」 で過去を偲ぶしかないらしい。これまた最近活動を再開してニューアルバム 「GUILTY ROSE」 というやつをリリースしたんだ…知らなかった。

 NOVELAを脱退した後に、「僕たちはアイドルになりたい」みたいなこと言って、当初は KISS みたいな格好で活動してた。当時、ライブを見に行ったことがあったりします。彼らの代表曲、「Action! 100,000VOLT」の「アクショ~ン」という歌詞に合わせた振り付けを真似したことのあるギターキッズ (今はもう中年か…) も多いはず。いません?やっぱマイナーかなぁ。

 ちなみにじぇふが所有するCDは、「WARNING IN THE NIGHT」、「INTERACTION」の2枚。なかなかよいですが、もはや入手は困難でしょうね…。

Posted at 01:33:09 | 音楽ネタ | コメント:0 | トラックバック:0

2005/10/13

キース・エマーソン

 うわ、キース・エマーソンの来日公演、今日からじゃん。13日は大阪、15・16日が東京か…。余裕があったら行きたかったな。今週はお仕事が佳境で、とても行けない。

■ キース・エマーソン、極秘イベントに潜入取材!
仕方がないからこの記事でも読んで満足しますか…。淋しい。

Posted at 00:29:29 | 音楽ネタ | コメント:0 | トラックバック:0

2005/10/01

MARINO

marino.jpg 前回は「レアもの」とか言いつつもそこそこメジャーなところを紹介してしまったので、今回はもうちょっとマニアックに。'80年代中盤に活躍していた 「MARINO」 です。Amazonでは 「Complete Best」 を購入。いい曲が一通り収録されていてよろしいんじゃないでしょうか。それ以外には他のバンドとのライブ・イベントのCDくらいしか売ってないみたい。

 MARINOの特徴としては、吉田レオくんのハスキーなんだけどやたらキーが高い歌 (時には女性にも出せない高音で歌ってたりする)、大谷令文 (レイブン) のキレのいいギター。曲もいいし上質のハード・ロック。

 で…。検索したら 「公式ホームページ」 があった。2003年に復活してたんですね。レオくん、頭がスゴいことになってるなぁ。別人のようだ…。そうだよね~もう20年も経ってるんだし。

 そもそもMARINOとの出会いは、「BATTLE OF METAL」という4つのバンドの演奏が収められたオムニバス・アルバムだった。もちろん当時はCDなんてなかったからLPレコードね。お、CDになっていて、通販で買えるっぽい。このアルバムでよかったのはMARINOとRAJAS。RAJASについてはまた次回に。

Posted at 03:59:06 | 音楽ネタ | コメント:0 | トラックバック:0

2005/09/22

カルメン・マキ & OZ

maki.jpg 右にAmazonの広告が貼ってありますが、Amazonは結構利用してます。普通のCD屋さんには置いてないようなレアもののCDを買うのに便利。注文すると在庫があれば2~3日で届いてしまう。
 じゃあレアもののCDって何?っていうと、古い日本のロックだったりする。タイトルにある 「カルメン・マキ & OZ」 のベストCDも、そうやって買った1枚 (正確には 2枚組か…) 。こんなのを聞いている時点で年代がバレるね。マキ & OZのアルバムは、昔LPレコードからカセットテープに落としたやつが今でも何本か現存しているんだけど、やっぱり劣化するしAmazonでCD見つけてほぼ衝動買い。

 マキ & OZのファースト・アルバムが出たのが1975年、最後のライブ・アルバムが1978年、でもその時にはすでに解散していた。ということは自分が聞き始めたのも解散後ということか。それほど長い期間活躍していたわけでもないのに、未だに (一部で?) 根強く支持されているっぽい。自分も支持。

 何度聞いてもやっぱりカルメン・マキは偉大な女性ロック・ボーカリスト、 ライブ・アルバムでの圧倒的な声量は鳥肌もんです。曲もいいし。自分の中ではカルメン・マキと同等と呼べるボーカリストは、ちょっと時代が離れちゃうけど浜田麻里かなぁ。麻里ちゃん、後半はロックじゃなくてポップになっちゃったけどね。
 サクっとカミング・アウト、昔ロックバンドでギター弾いてました。マキ & OZのコピーも何曲か。ということで、ここのブログで気の向くままに紹介する日本のロックバンドは、ちょっとマニアックかも。だいたい欲しいCDが普通のCD屋さんで売ってないということからも容易に想像できるでしょうが…
あ、紹介したマキ & OZのライブも名盤だと思いますが、個人的にはベースがちょっとクドい。
駄文、失礼しました。

Posted at 02:03:48 | 音楽ネタ | コメント:0 | トラックバック:0

2005/07/16

恐怖の頭脳改革

BrainSalad.jpg 最近のニュースでキース・エマーソン、ソロでの来日が決定!というやつがあった。すごーく興味がある。

 Keith Emersonと言えばご存じの通り、Emerson, Lake & Palmer (EL&P) 。若かりし頃によく聞いていた。代表作を1枚選べと言われたら、ありきたりだけど 恐怖の頭脳改革 (原題 : Brain Salad Surgery) 。当時のLPレコードのジャケットは観音開きになっていて、骸骨の下には女性の顔が書いてあった。CDになってどうなんだろ?

 輸入盤の紹介のところでは試聴もできるようです。個人的には展覧会の絵もお勧め。EL&Pの魅力と言えば、何と言ってもKeith EmersonのKeyboard、Greg Lakeのボーカルの低音の魅力、Carl Palmerのドラムの手数の多さと走りまくるオカズ。興味のある人はどうぞ。

Posted at 05:00:09 | 音楽ネタ | コメント:0 | トラックバック:0

2005/06/14

再結成

 blogのタイトルにも縁の深いアーティストの話題が出てきたので。
 ■ ピンク・フロイドが24年ぶり再結成
 英国の伝説的バンド、ピンク・フロイドが24年ぶりに再結成され、ロンドンのハイド・パークで7月2日に開催予定のアフリカ貧困救済チャリティーコンサート、「ライブ8」に出演する。
 ギターのデビッド・ギルモア、ドラムのニック・メイソン、キーボードのリチャード・ライトに、ベースのロジャー・ウォーターズを加えた4人のライブは、1981年にロンドンのアールズ・コートで行われたコンサート以来。

Pink Floydとしては活動を続けていて、今回はRoger Watersが参加・・・なんだけど、これって再結成って言うの? 教えて、えらい人。

Posted at 01:01:45 | 音楽ネタ | コメント:0 | トラックバック:0

プロフィール

  • Author:じぇふ

カレンダー(月別)

08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近の記事+コメント

最近のトラックバック